アシナガバチ駆除の重要性とは~瓦屋根に何度も巣を作られる可能性も~

瓦屋根を好むアシナガバチは早期発見・対策がポイント 瓦屋根を好むアシナガバチは早期発見・対策がポイント

きちんとアシナガバチ駆除をしないと毎年瓦屋根に巣ができる!

屋根裏

瓦屋根や屋根裏に繰り返し作られるアシナガバチの巣。なぜいつも同じ場所にアシナガバチは巣を作るのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

冬に姿を消すアシナガバチ

アシナガバチは、女王蜂が営巣し、働き蜂を産み育てます。冬の時期になると、女王蜂は巣に留まって越冬することができますが、働き蜂などは越冬することができずそのまま死んでしまいます。そのため、夏までたくさんいた蜂たちの姿を寒い季節には見ることがなくなるのです。しかし、冬が過ぎて暖かくなってくるとたくさんの働き蜂が生まれ、巣はどんどん拡大していきます。その繰り返しで1年動いているのです。

冬になると、女王蜂以外の蜂は死に、女王蜂は越冬し巣に留まるため「蜂は巣からいなくなった」と考え、アシナガバチ駆除をせずに冬を越す方も少なくありません。ただし、翌シーズン女王蜂が目覚めると再び巣は拡大していきます。被害を食い止めたいのであれば、冬場でも駆除を行なう必要があります。

しっかりとアシナガバチ駆除を行なう理由

毎年アシナガバチがやってきますが、時期が来ると姿が見えなくなります。他のアシナガバチでしょうか?
アシナガバチの場合、秋口以降気温が下がると、寒さに耐えられず働き蜂は死んでしまいます。また、夏の初めころに新たな女王蜂が育つと分巣といって、新しい巣を作るために旅立つ生態も持っています。この時期になると若干蜂の動きが収まってくるので「姿が見えなくなる」と感じるのかもしれませんが、すべて同じ種類のアシナガバチとみてよいでしょう。
いなくなったアシナガバチの巣は残していても問題ありませんか?
アシナガバチは自分が生まれた巣の記憶を持っており、分巣を経て越冬を経た新しい女王蜂が、生まれた巣にもどってくる事があります。また、作っている最中の巣が壊された場合などでも、同じ場所に働き蜂が巣を作り始めます。そのため、巣は残さず壊して撤去しておくことと、忌避をしっかり行ない、再びアシナガバチが巣を作らないようにすることが大切です。

アシナガバチは帰巣本能を持っています。また働き蜂は巣を修復する力も持っているため、一度壊した巣でも再発する傾向にあります。アシナガバチ駆除を行なう場合は、司令塔である女王蜂を駆除することが一番のポイントです。駆除業者に依頼すると、女王蜂と巣の駆除をセットで行ない、忌避剤などを用いて再発防止策も講じます。

TOPボタン