業者に任せれば安心!アシナガバチ駆除をしておけば蜂を寄せ付けない

瓦屋根を好むアシナガバチは早期発見・対策がポイント 瓦屋根を好むアシナガバチは早期発見・対策がポイント

アシナガバチ駆除は業者に任せる!~再発もしにくくなる~

アシナガバチ駆除は業者に任せて徹底的に防除することが大切です。同じところに巣を作る生態だからこそのポイントです。

アシナガバチ駆除を依頼する場所を考える

蜂は「益虫」と言われていましたが、昨今では自然破壊などが進み生活圏まで蜂が営巣するようになりました。人を刺す危険度が増したため、「蜂=駆除」が公式化された経緯があります。また、スズメバチなど致死性が高い蜂の場合、自治体が駆除を請け負うことがありますが、おとなしく致死性もさほどではないアシナガバチの駆除は対象外となることがほとんどです。ただ、人を刺す蜂であることには変わりありませんので、危険を感じる前に業者にアシナガバチ駆除を依頼しましょう。

アシナガバチ駆除を業者に任せるメリット

知識や技術がしっかりしている
アシナガバチ駆除業者は、アシナガバチの生態を熟知しています。帰巣本能を持った蜂であるからこそ、駆除後の忌避対策が大事であることもしっかり押さえています。もちろん、屋根などの高所作業のノウハウも持っており、安全に駆除できる手段もしっかり心得ています。
こちらの要望を聞いてくれる
アシナガバチ駆除の場合、業者がパーソナルスペースに立ち入ることもあるので依頼人の立ち会いは必須です。自治体の場合、開庁時間内での対応になることがほとんどですが、気温が低く蜂の動きが鈍くなる時間帯などを狙ったり、依頼人の帰宅時間に合わせたりと都合に応じて動いてもらえます。
再発を防ぐアドバイスがもらえる
駆除業者がアシナガバチの駆除を行なったあと、再発防止のためのアドバイスもしてくれます。蜂が住みやすい場所であるからこそ、また新しいアシナガバチが営巣することも考えられるので、忌避の仕方なども知ることができます。また進入経路が特定された場合、進入路をふさぐなどの対策を提案してくれる業者もあります。

戻り蜂について

業者にアシナガバチ駆除を施してもらった場合でも、巣があった場所に蜂が戻ってくることがあります。でも、これは駆除が失敗したわけではありません。

戻り蜂はどのように対策をしておけばいいですか?
「戻り蜂」の発生は、蜂の帰巣本能が理由です。巣の駆除中に餌をもとめて巣の外へ出掛けていた蜂を指しています。女王蜂と巣がなければ働き蜂は行き場を失い、そのうち死んでしまいますが、巣がないことから攻撃的になります。駆除終了後に戻り蜂が数匹飛び交っている場合は、その場所に近寄ることを避け、業者に駆除を依頼しましょう。

TOPボタン